切り絵作家モチメ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
英国切り絵滞在記5 着物
イギリスで切り絵、ロック名所めぐり、着物でロンドン。
いたってシンプルな野望。
今回はこれ。



英国切り絵滞在記5「ロンドンを着物で歩きたい」

持って行ったのは浴衣、しじら、正絹単衣の3枚。
夏で助かりました。
冬の着物は袷(あわせ)といって二枚重ねになっていて、帯や羽織を入れると一式で5キロ近くになってしまうこともあります。
(以前着ていてあまりにも重くて、実際に計ったことがある。苦行。)
絹の単衣は持って行くつもりなかったのですが、ロイヤルオペラハウスでバレエを観ることになり、それはシルクを着たいなと、急遽詰め込み。このため、足下も下駄1足で済ませるはずが、草履に、部屋履きの雪駄と、計3足に。


下駄はユニクロが中原淳一浴衣を出したときに買ったもの。

でも実は、この下駄こそ一度も履きませんでした。
8月半ば、ちょうどアーティスト・レジデンス期間が終わるタイミングで、夏がストンと終わってしまった。寒いのです、浴衣では、裸足では。
思った以上に活躍したのが雪駄。機内で部屋で近所でと、大活躍でした。

さて、滞在中の8月9日、ロイヤル・オペラ・ハウスで、今回私が切り絵のテーマにした『真夏の世の夢』が、しかも参考に見たバレエの映像の中でもっとも好きだったロシアのマイリンスキーによって上演されるという情報を、バレエファンの友達が送ってくれました。
いつかバレエは観たかった、それがロンドンで、しかもシェイクスピアで叶うなんて!
友達から「大厄の年女のクセにうらやましすぎる絞め殺したい」とメールが来ました。これぞビギナーズラック。
切り絵の作業を中断し、ルトン・タウンからナショナル・レイルで初めてロンドン市内へ。


美しいロイヤル・オペラ・ハウス。

朝から、この日のために追加した絹の単衣を部屋で着付けます。
実はこのとき、手が震えていました。
何度も着た着物、いつもの帯、いつもの髪型、なのに。
強烈な憧れのロンドンにいよいよ行く、しかもイギリスで電車に乗るのも初めて。
それらがあいまって、うれしさと緊張がこのときピークに達していたようです。

しかし、着付け終わり一歩部屋を出たとたん、背筋に芯がびしっと通るのがわかりました。


With Matisse.This exhibition is just for me! 

イギリスに来て、立派な骨格と筋肉をもって堂々と歩く地元の人たちの肉体の姿かたちのよさは、男も女も圧倒的に美しく、飽かず眺めていました。
自分がどんなに洋服でドレスアップしてめかしこんでも、Tシャツにジーンズで胸を張って歩く彼らの格好良さには、足下にも及ばないなあとぼんやりと思いながら。
これは卑下ではなくて、冷静に美しさを視ることは、対象が自分であっても、あればこそ、時に必要。(時に無視!)
だからこそ、着物を着たときに初めて、自分の姿に自信を持って、堂々と外へ出かけていったことに驚きました。
さっきまで手が震えるほどナーバスになっていたのに!

日本人の肉体をもっとも美しく包む衣服は着物なのだということを、改めて実感した瞬間です。
そうか、洋服は「着るもの」であるけれど、着物は「包まれる」ものなんだ。



パリの宿にて。

ただ、私は元々着物が好きですが、かといって「日本人は全員絶対に着物を着るべき」とは思っていません。
何事においても、自分が好きな物事を万人に薦めたいという思いが少なく、むしろそういうことが苦手です。私自身がそのようにひとくくりにされるのが苦しいからです。
そのような感覚でありながら、「着物と日本人のからだ」の強烈なマッチングには頬を張られる思いでした。
長い年月をかけて今ここにたどり着いた、この肉体と着物という衣服の組み合わせの美しさ、また、それを美しいと感じる共通の感覚を持ち合わせた人たちが、異国にも存在しているということ。
不思議です。
美ってなんだろうなんてことを、思ってしまいます。

海外で着物、ここから得られたことはまだまだあるのですが、まとめられずにいます。
言葉は、むずかしいです。
思い残しつつ、今回はこれにて失礼いたします。
| 英国切り絵滞在記 | 15:58 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 15:58 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://oohararyugaku.jugem.jp/trackback/51
トラックバック
プロフィール
新着
リンク
カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
カテゴリー
過去記事

recent comment

SPONSORED LINKS
RECOMMEND
モバイル
qrcode